インフラファンド2銘柄を買い戻し

9282と9283を買戻し

昨年後半に大幅上昇したインフラファンドは今年1月に高値を付け、その後は軟調な展開。今年2度目となる世界的な株式急落を受けて、どの銘柄も年初来安値を更新しそうな状況です。

9282は年初来高値から約15%、9283は約20%下落し、分配金利回りもいい感じに上がってきたので1口ずつ買戻しました。7月に保有銘柄を一旦売却しているので、インフラファンドを保有するのは約3ヵ月ぶり。

以前はインフラファンド4銘柄に386万=全資産の10%以上を投入し、7月末に約50万の利確をしていますが、特定の銘柄に資金を集中させすぎたと反省しています。今後は特定の銘柄に集中するのは極力避けて、セクター全体・株式市場全体への投資を主力とするつもり。

平均的なリートを大幅に上回る分配金利回りは非常に魅力的ですが、9283に気になるニュース(後述)も出たことですし、投入資金を抑え分散投資の一環としてポートフォリオに組み入れ直すことにします。

10月19日の取引

  • 9282 62,300 x 1口 買い 分配金利回り 5.75%
  • 9283 97,300 x 1口 買い 分配金利回り 6.63%

SBI保有銘柄は以下のとおり。一旦はリバウンドしたNYダウや日経平均が反落して含み損が拡大中です。

SBI保有銘柄 20181019

9283が出力制御の対象に

先日、インフラファンド関連で気になるニュースがありました。

9283日本再生可能エネルギーインフラ投資法人の発表によると、同法人の保有する発電施設のうち、九州本土に所在する「大分県宇佐市2号太陽光発電所」が九州電力の「出力制御」の対象となり、10月14日の8時51分~16時10分の間稼働停止したとのこと。発電量にストップがかかる「出力制御」は今回が初となります。

投資家にとっては非常にショッキングなニュースですが、オペレーターSPCが出力制御により稼働を停止し、売電収入額が収受できない場合でも、同法人がオペレーターSPCが収受する基本賃料は固定賃料であるため基本賃料相当額は減少しないと説明されています。つまり今回の「出力制御」は2019年1月期の分配金予想に影響せず、投資家に実害は出ないようです。

太陽光発電の供給過剰?

今回のニュースで考えさせられたのは、太陽光発電所が過剰供給になりつつあるのでは?という懸念です。

太陽光発電所は夜間は発電が停止するし、天候によっても発電量が大きく変動するため安定した電力供給が難しいという弱点があるため、火力発電や原子力発電との置き換えは難しいですね。

電力会社としては電力の需要と供給のバランスを取る必要があり、供給が過剰になったら何らかの形で発電を抑制しなくてはならない。そうなると発電量を制御しずらい太陽光発電にしわ寄せが来てしまうということだと思います。

今回の9283に対する「出力制御」は一日だけで、分配金への影響も無いと思われますが、今後の不安は残ります。新規に稼働する太陽光発電施設は増えていくでしょうし、「出力制御」が頻発する可能性もあるのでは?

場合によっては分配金に影響が出てしまうかも知れません。

成長を維持できるか?

2つ目の懸念事項は、インフラファンドの成長性について。

太陽光発電施設は長期的に安定的なキャッシュフローを期待できる強みがありますが、これはFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)があっての事。

当初の電力買取価格が高かったこともあり、太陽光発電ビジネスへの参入が殺到した訳ですが、買取価格は年々低下の一途をたどっています。

太陽光発電 電力買取価格  ※出処:WikiPedia 固定価格買取制度

年度 10kW以上、2,000kW未満 2,000kW以上
2012 43.20円/20年 43.20円/20年
2013 38.88円/20年 38.88円/20年
2014 34.56円/20年 34.56円/20年
2015(6月まで) 31.32円/20年 31.32円/20年
2015(7月以降) 29.16円/20年 29.16円/20年
2016 25.92円/20年 25.92円/20年
2017 21円+税/20年 入札制度により決定
2018 18円+税/20年  〃

リート同様に、インフラファンドも外部成長を目指して物件取得を計画していると思います。ただ上記のとおりFITの買取価格は年々下がっており、新しく建設された発電所ほど収益性が低下するのは明らか。時間が経過するほど優良物件の取得は困難になると思われ、各投資法人がどのような成長戦略を取っていくかは大変気になるところです。

太陽光発電以外にも地熱発電、風力発電、バイオマスといった選択肢もあるので、今後の動向を注視したいと思います。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)