VIX指数の騰落率

今回はVIX指数についてです。

VIX指数は相場急変時に急騰する性質があります。VIX指数や関連ETNを売買するため、直近安値からどこまで上昇するかを知っておきたいところです。

幸いなことにVIX指数の長期データが入手できたので以下の3つについて調べました。

  • VIX指数の長期データ(1990~2017年)におけるピーク値。
  • VIX指数の高値(High)と歴史的安値(HistoricalLow)の比率の推移。
  • 歴史的安値の推移。

VIX指数の長期推移

まずはVIX指数の長期推移から。データ期間は1990年から2017年までの27年間となります。相場急変時は日中の変動幅が大きくなるため高値と安値の両方をプロットしてあります。

終値だけ見ているとピーク値を拾えないので要注意!

VIX指数の長期推移

次は同期間について、歴史的安値(HistoricalLow)と高値(High)の比率を調べたものです。安値から何倍まで上昇するかを見ています。
VIX指数の騰落率

主要ピーク値

最高値は2008年10月の89.53でした。主なピーク値は以下のとおり。

日付 VIX High High/HL
1997/10/28 48.64 5.47
1998/10/8 49.53 5.57
2002/7/24 48.46 5.45
2008/10/24 89.53 10.07
2015/8/24 53.29 5.99

やはりリーマンショック時の値が飛びぬけて高いです。それ以外の期間のピーク値は50付近。

次は日中の変動幅の比較です。

日付 High Low High/Low
1997/10/28 48.64 30.69 1.58
1998/10/8 49.53 45.58 1.09
2002/7/24 48.46 39.83 1.22
2008/10/24 89.53 67.80 1.32
2015/8/24 53.29 28.03 1.90

一日の変動幅を見ると2015年の方が大きいです。ポジションの設定によっては意図せずロスカットされてしまう可能性があります。

安値の推移

歴史的安値の推移は以下のとおり。今年7月に24年ぶりに最安値を更新しました。現在のVIX指数は直近27年間において最も安い水準にあります。

日付 Low
1993/7/12 9.11
1993/12/27 8.89
2017/7/26 8.84

まとめ

1990年~2017年の約27年間において

  • VIX指数の最高値は 2008年10月24日の 89.53
  • ただし日中に1.9倍まで急騰した実例があるので、余裕をみておいたほうが良い。
  • 安値からの上昇率は最大 10.07倍だった。直近では2015年に5.99倍になっている。
  • 現在のVIX指数は大底に近い安値にある。

でした。

チャートだけ見ればVIXを買いたいところですが、コンタンゴによる減価があるため難しいかも。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)